会社にとってM&Aが必要な理由

持続的な成長のためにM&Aが必要となる  日本市場が飽和状態を迎えるとともにこれからは少子高齢化とともに市場が縮小していくことを考えると、日本企業...

詳しくはこちら

フィリピン経済とM&A動向

フィリピンの最近の経済情勢とM&Aの動向についてご紹介します。

詳しくはこちら

内部留保金課税と過小資本税制

フィリピンに進出する企業にとっての関心事の一つである税制について日本との違い及び税務調査において問題となる主な税金についての解説とBIR及びSECの内部留保と資本負債比率に関する規制についてご説明します。とりわけここでは内部留保金課税と過小資本税制を取り上げたいと思います。

詳しくはこちら

フィリピン 投資先としてのポテンシャルと課題

フィリピンには投資先として今後の高い経済成長が持続するというポテンシャルと同時に改善されるべき発展途上国ならではの課題が存在しています。フィリピンに進出をご検討の際はそれらを考慮して進出形態(法人設立、M&Aなど)や事業形態をご検討ください。

詳しくはこちら

クロスボーダーM&Aの特徴

クロスボーダーM&Aとは、設立されている国が異なる会社同士のM&Aのことであり、それぞれの国の法律に基づいて法人が設立されていたり、事業者として登録されているため、法人や事業体の法的根拠が異なることが一般的です。そのように設立された国が異なる会社同士が資本提携するためには相手の国の会社法を知るところから始めましょう。

詳しくはこちら

フィリピンの為替管理制度

日本企業がフィリピンに進出しやすい理由には様々なものがありますが、日本とフィリピンの深い関係性による理由もあります。
著しい発展を見せるアジア圏の中で、日本とフィリピンは同じ親米国として、経済から防衛体制に至るまで深い繋がりがあるのです。

詳しくはこちら

フィリピンの財務報告基準

フィリピンの会計基準は2005年から国際財務報告基準(IFRS : International Financial Reporting Standards)と同等のフィリピン財務報告基準(PFRS : Philippines Financial Reporting Standards)が採用されています。

詳しくはこちら

外国投資規制(外資規制)について

フィリピンへの進出を検討する上で、投資規制(外資規制)の内容を理解することは非常に重要です。投資規制とは、外国企業が事業を営む上で課される制限を指します。この投資規制によって事業の有利・不利が決まり、経営上の判断も大きく左右されることになります。

詳しくはこちら

日比社会保障協定

ここでは2018年5月に締結された日本フィリピン社会保険協定の問題を取り上げています。協定の発効により相手国に赴任する方の社会保険の年金受給資格の相互承認や、年金保険料の2重払いの問題が救済されることとなりました。

詳しくはこちら

これからのフィリピン

日本からアジアへ進出に伴う法人設立はシンガポールやマレーシアが上位を占めていましたが、今後の成長を見据え選択肢の一つとしてフィリピンが注目されています。海外進出をご検討中の方へ向けてフィリピンでの経済特区制度や労働力について解説していきます。PEZAやBOIなどの外国投資優遇政策も行われています。

詳しくはこちら

フィリピンの経済特区について

フィリピンでは経済の発展を促す為に、海外企業の受け入れに積極的に取り組んでいます。外資獲得の為の優遇制度があり、その一つが経済特区です。経済特区(PEZA)内の企業には、多くの優遇措置が適用されることから、たくさんの日本企業が進出しています。

詳しくはこちら

フィリピンに住むための安全対策

フィリピンは日本人が居住・進出しやすい場所として日本人の駐在員や企業を立ち上げる方に人気です。
東南アジアやフィリピンへの居住や進出をお考えの駐在員のために、安全対策についてご紹介します。

詳しくはこちら

M&Aのメリット・デメリット

M&Aについて興味があるけどどうやっていいのかが分からない、良い企業を見つけることができない、どういうメリット・デメリットがあるのかわからないなど、実際にM&Aを行うのはかなりハードルが高いのかもしれません。

詳しくはこちら