フィリピン経済とM&A動向

フィリピンの最近の経済情勢とM&Aの動向についてご紹介します。

詳しくはこちら

会社にとってM&Aが必要な理由

持続的な成長のためにM&Aが必要となる  日本市場が飽和状態を迎えるとともにこれからは少子高齢化とともに市場が縮小していくことを考えると、日本企業...

詳しくはこちら

内部留保金課税と過小資本税制

フィリピンに進出する企業にとっての関心事の一つである税制について日本との違い及び税務調査において問題となる主な税金についての解説とBIR及びSECの内部留保と資本負債比率に関する規制についてご説明します。とりわけここでは内部留保金課税と過小資本税制を取り上げたいと思います。

詳しくはこちら

フィリピン 投資先としてのポテンシャルと課題

フィリピンには投資先として今後の高い経済成長が持続するというポテンシャルと同時に改善されるべき発展途上国ならではの課題が存在しています。フィリピンに進出をご検討の際はそれらを考慮して進出形態(法人設立、M&Aなど)や事業形態をご検討ください。

詳しくはこちら

クロスボーダーM&Aの特徴

クロスボーダーM&Aとは、設立されている国が異なる会社同士のM&Aのことであり、それぞれの国の法律に基づいて法人が設立されていたり、事業者として登録されているため、法人や事業体の法的根拠が異なることが一般的です。そのように設立された国が異なる会社同士が資本提携するためには相手の国の会社法を知るところから始めましょう。

詳しくはこちら

フィリピンの為替管理制度

日本企業がフィリピンに進出しやすい理由には様々なものがありますが、日本とフィリピンの深い関係性による理由もあります。
著しい発展を見せるアジア圏の中で、日本とフィリピンは同じ親米国として、経済から防衛体制に至るまで深い繋がりがあるのです。

詳しくはこちら

フィリピンの財務報告基準

フィリピンの会計基準は2005年から国際財務報告基準(IFRS : International Financial Reporting Standards)と同等のフィリピン財務報告基準(PFRS : Philippines Financial Reporting Standards)が採用されています。

詳しくはこちら

外国投資規制(外資規制)について

フィリピンへの進出を検討する上で、投資規制(外資規制)の内容を理解することは非常に重要です。投資規制とは、外国企業が事業を営む上で課される制限を指します。この投資規制によって事業の有利・不利が決まり、経営上の判断も大きく左右されることになります。

詳しくはこちら

日比社会保障協定

ここでは2018年5月に締結された日本フィリピン社会保険協定の問題を取り上げています。協定の発効により相手国に赴任する方の社会保険の年金受給資格の相互承認や、年金保険料の2重払いの問題が救済されることとなりました。

詳しくはこちら

これからのフィリピン

日本からアジアへ進出に伴う法人設立はシンガポールやマレーシアが上位を占めていましたが、今後の成長を見据え選択肢の一つとしてフィリピンが注目されています。海外進出をご検討中の方へ向けてフィリピンでの経済特区制度や労働力について解説していきます。PEZAやBOIなどの外国投資優遇政策も行われています。

詳しくはこちら

フィリピンの経済特区について

フィリピンでは経済の発展を促す為に、海外企業の受け入れに積極的に取り組んでいます。外資獲得の為の優遇制度があり、その一つが経済特区です。経済特区(PEZA)内の企業には、多くの優遇措置が適用されることから、たくさんの日本企業が進出しています。

詳しくはこちら

フィリピンに住むための安全対策

フィリピンは日本人が居住・進出しやすい場所として日本人の駐在員や企業を立ち上げる方に人気です。
東南アジアやフィリピンへの居住や進出をお考えの駐在員のために、安全対策についてご紹介します。

詳しくはこちら

M&Aのメリット・デメリット

M&Aについて興味があるけどどうやっていいのかが分からない、良い企業を見つけることができない、どういうメリット・デメリットがあるのかわからないなど、実際にM&Aを行うのはかなりハードルが高いのかもしれません。

詳しくはこちら

新会社法におけるガバナンス強化への取り組み

フィリピン共和国の会社法は1980年に施行されてから後、長期の間改正されてきておらず、日々目まぐるしく変動するビジネス環境や実務上の要求を満たすための改正が議論されてきました。

詳しくはこちら

居住法人と非居住外国法人

 所得税法上、外国法人は居住外国法人(Resident Foreign Corporations)と非居住外国法人(Non Resident Foreign Corporations)  とに分類されます。居住外国法人とはフィリピンにおいて事業活動を行っている法人のことであり、一方で非居住外国法人とはフィリピンで事業活動を行わない法人のことを指します。所得税法上、本質的に居住外国法人と非居住外国法人は同じとされています。

詳しくはこちら

日比租税条約の基本とクロスボーダー税務の動向

フィリピンの現地法人から日本の親会社に、或いは日本の親会社からフィリピンの現地法人に役務の提供、ロイヤリティ、利息、配当の支払、知的財産権の使用権、不動産所得、国際運輸費などの名目において相手方の国に支払うケースがあります。それらの取引はそれぞれどちらの国において源泉が発生したかを正確に把握することが求められ、源泉が発生した国において課税されることとなります。二重課税による税負担を軽減する目的で租税条約が締結されているため、会社や個人が負う税負担の軽減につながる日比租税条約への理解を深めることはとても重要となります。

詳しくはこちら

2021年3月 租税条約による軽減税率の適用のルール変更と手続きについて

OECDモデル租税条約によると、「税務当局が条約適用の可否を判断する事前確認を行う条件として二重課税防止条約の関連規定に従って各国或いは各地域が課すことのできる税率を自動的に制限す...

詳しくはこちら

フィリピン 移転価格税制

2020年7月10日に発表されたフィリピンにおける移転価格税制の概念は古くから法概念として明文化されていました。最初に施行されたのは1939年6月15日に施行された連邦法466号第...

詳しくはこちら

ブロガー、インフルエンサーへの課税強化と入管法の取締の厳格化

2021年8月31 Manila Bulletinの記事より BIR(フィリピン国税庁)は、フィリピン国内で活動しているブロガーやインフルエンサーが受取るチップや報酬に対して...

詳しくはこちら

SNSインフルエンサーへの税務調査 (2021/9/16)

内国歳入局(BIR)は、2021年9月16日現在、フィリピン国内で活動する250人のインフルエンサーをリストアップし、税務調査通知の送付を行いました。 ソーシャルメディアへの...

詳しくはこちら

小売業の規制緩和(小売業自由化法の改正点)

フィリピンの外資規制により従来は外国資本による小売業への参入には高い参入障壁を設けていました。 代表的な参入障壁は最低払込資本金額を250万ドル、1店舗当たりの最低投資額83万ドル...

詳しくはこちら

空港マネーロンダリングと地下銀行等による国外送金

空港マネーロンダリングと地下銀行等による国外送金
マネーロンダリングの王道は今も昔も現金の国外持ち出しといわれています。いわゆる空港手荷物(ハンドキャリー)による現金の国外移転のことです。

詳しくはこちら

従業員が怪我や病気、死亡した時の届出義務

日本と同様に海外(フィリピン)でも従業員が業務に関連して怪我や病気、或いは死亡に至るケースがあります。しかし会社はいかなる場合も従業員の怪我や不幸に対して適切に対処することを怠ることは許されません。特に業務時間中の業務に関連して死亡が発生した場合には届け出るべき法定手順があることをご理解ください。

詳しくはこちら

社会保障制度 (SSS) の概要

フィリピンにも日本と同様の社会保障制度が存在する。

とりわけ日々の生活に密接に関係する社会保障制度は、SSSとPhilhealthである。

SSSは日々の仕事や生活をしていくうえで怪我や病気・出産時或いは死亡時において給付金や失業時には失業給付を受給することができ、さらには定年退職後の年金や怪我や病気の後遺症で働けなくなった時にも年金を受給することが出来る。

詳しくはこちら

輸出にかかるゼロ税率売上 (Zero-Rated Sales)の還付に関する税務裁判所の裁定

フィリピン税控訴裁判所(THE Court of Tax Appeals : CTA)は、2015年第3四半期の未使用の付加価値税(VAT)の繰越超過に起因する、AmmexI-SupportCorp.の626,151.31ペソ相当の還付請求を却下しました。

詳しくはこちら

海外進出のための資金調達の方法

海外進出を行うために必要になるのが何といっても資金の問題があることでしょう。
通常は海外進出を行うには様々なコストが先行して必要となります。海外進出を行う際には資金調達についての検討が求められますが、ここでは海外進出を行う際の資金調達の方法についてご説明いたします。

詳しくはこちら